価格よりもデザインが重視される今どきの指輪。

とくに男性にとっては、婚約指輪や結婚指輪の価格(相場)というものは、いちばん気になる事柄ではないでしょうか。

その昔は「給料の3倍程度」などと言われていた時期もあり、男性はエンゲージリングやマリッジリングのために一生懸命に働き貯金をしたものです。

ネットや結婚に関する専門雑誌に公開されている相場の価格帯としては、婚約指輪は10万円から25万円の範囲と思ったよりも少額です。

たとえばそれ以上の高額価格帯となる26万円以上の婚約指輪とでは何が違うかというと、素材や石の差異ということになります。

近年では石や素材よりもデザイン性に重きが置かれていて、「シンプル・イズ・ベスト」というのが年齢を問わず人気となっています。

結婚指輪についてもほぼ同じような価格帯が売れ筋となっていて、婚約指輪よりもやや低いくらいの価格でも常識的な相場となっています。

全国平均では10万円から20万円の範囲です。

石の付いたものよりも、リングだけのシンプルなものがお気に入りランキングでも上位を占めています。

やはり婚約指輪と同じように、ショップ独特のオリジナルデザインでありながらシンプルな作品、ジュエリー職人ならではの職人技がキラリと光るような一点ものが好まれています。

ブライダルリングの世界は、ある意味においてデザイナーの感性と腕がショップの運命を左右するとまで言われています。

それは銀座に店を構えるトップブランド店でも、名の知れない街の老舗でも同じです。

ふたりだけの記念日を飾る大切なリングですから、価格だけにこだわらず、結婚指輪のデザインに込められた意味やポイントなどをじっくり聞き出してみるのも大切なことです。

Comments are closed.