既製品でも手づくりなのが結婚指輪。

既成デザインの婚約指輪や結婚指輪と聞くと、思わず敬遠してしまいそうですが、人気のあるマリッジリングやネットのお気に入りランキングに出てくるほとんどは既成デザインの作品です。

これはエンゲージリングも同じで、既製品だからといって、どこの専門店に行っても売り出しているものではありません。

多くの宝石専門店では、専属のジュエリー職人がおり、そのスタッフたちがショップのオリジナルブランドを作り上げています。

機械で大量生産するものではありませんから、既製品といっても手作り同然です。

また専門店にはリアル店舗、老舗としてのプライドがあり信用がかかっています。

その意味では素材選びから品質、サービスに至るまで、絶対の自信がある商品をケースに並べているはずです。

お店によって品揃えの傾向や個性がありますので、できればエリアを変えて複数のショップを訪ねてみるのがおすすめです。

お店のスタッフと話ができたら、「結婚指輪の中の代表リングはどの辺のラインナップになりますか」、「人気のある指輪で中心価格帯は、どれくらいの値段になりますか」などと聞いてみましょう。

そのような質問をすると、そのお店の格というものが分かります。

他店で見た同レベルの結婚指輪と比較してみれば、割安か割高か、あるいは平均的な価格かなどもわかります。

良さそうなお店だと判断できたら、ふたりの好みやこだわり、予算などを告げてみましょう。

本気のお客だとわかれば店側の対応も良くなります。

ただしその場で即決せず、他店を回って何回か顔を見せるのが賢いやり方です。

予算内以上にオトクなプライスで購入できるかも知れません。

Comments are closed.